シェア
シェア:

おウチで出来る!下半身痩せする効果的ダイエット

工程
 
おウチで出来る!下半身痩せする効果的ダイエット

下半身太り、一年を通して気になります。特に冬場は、上半身に厚めの素材が集中するだけでなく、洋服の素材自体も厚手で太く見えてしまいます。細く見せようと黒色を選んで全身真っ黒なコーディネートという事も少なくありません。

下半身が細いと全体もスッキリ見せてくれます。写真に納まった際、一目瞭然なのです。体重が落ちても、下半身は細くならないと諦めてしまいたくなります。自宅で簡単に効果的な下半身痩せができることが理想です。

少しの努力で下半身を細くみせる、細くする方法をご紹介します。

工程:
1

自身の状態を知る

下半身太りの原因の一つが、むくみです。むくみをそのままにしておくと、太くなってしまうのです。

むくんでいるかどうかの確認は、スネの部分を親指で6秒ほど押しすぐに元の状態に戻るか、それともしばらくは跡がついたままなのかでしることができます。

また、部屋着などの縫い目が足に跡として残っている場合もむくみです。若いハリのある状態であればすぐに戻る後も、むくみ、ハリの低下により戻りにくくなります。血管のポンプ機能が低下していることが原因と考えられます。

むくみだけでなく、セルライトも下半身痩せには大敵です。セルライトがついてしまった場合、すぐに対処なければ肌の鏡面がボコボコになることもあります。

下半身太りだけでなく、見た目でもコンプレックスが増えてしまいます。筋肉があるかどうかも重要なチェックポイントです。細くしなやかな筋肉が、きれいな下半身の条件ですが、そのような筋肉は長年の歳月をかけて作るものです。

日々の努力は、必須です。

2

むくみを解消

むくみを解消するためにどのようなことを日々取り入れればよいのでしょうか。

  1. 運動により筋力アップ

    有酸素運動特にウォークングで下半身の垂水やバランスを整えることができます。大股で、20分以上の有酸素運動でダイエット効果を得ることができます。

  2. ストレッチ

    運動だけでは、太く立派な下半身ができてしまいます。運動と同じくらいストレッチもむくみ解消には重要となります。

  3. 足首の運動

    足首を前後に動かしたり、足の指を開いたり閉じたりするだけで血行が良くなりむくみを解消することができます。足首を左右に10回程度回すこともむくみ解消に効果があります。夕方むくんでブーツが入らない!時は足首を大きく左右に10回以上回したある足の指の間に手の指を入れ再度左右に大きく回しましょう。すっきりすることができます。

  1. マッサージ

    足をくるぶしから膝にかけて下から上へ足を包み込むようにしてマッサージを追うだけでもむくみ解消、防止効果があります。時間があるときは足のスネの付け根の中心を親指で下から上へ2~3回ほどスライドさせます。このとき痛気持ちい強さがベストです。そしたふくらはぎの部分を包み込むようにして下から上へ2~3回ほど痛気持ちい強さで行います。次に足首から膝にかけて雑巾を絞るように2回~3回膝まで行います。最後に、両手でグーを作りくるぶしを挟み込むように下から上へスライドさせてマッサージは完了です。

  2. ボディの保湿

    お風呂上り、お肌のケアは顔だけではありません。もちろん下半身にも保湿を行うと思います。もし行っていないのであれば、保湿を行うことでむくみを解消することができるかもしれません。もちろん保湿の際も下から上リンパを流すように塗ることが基本となります。保湿をしながらリンパを流すことにより、セルライトの予防にもなります。

3

セルライト撃退できてしまったセルライトは、硬くマッサージをしても痛いと感じることがあるはずです。いいえ、多くの場合セルライト=マッサージは「痛い」のはずです。

そんなときは、固まったセルライトをなくすためにマッサージで柔らかくしてあげることが必要です。ヴェレダのホワイトバーチというオイルは、特に下半身やお腹周りのセルライトを解消するときによく使われています。

できてしまったセルライトは、浸透がよく分解効果があるオイルやクリームを使用して行うと効果は早く感じることができます。雑巾を絞るようにギューギューと両手で刺激してください。この時も、「下から上へ」が基本となります。

セルライトをそのままにしておくと血行が滞るだけでなく、冷えの原因にもなり身体に不具合をきたすことがありますので、解消できるようにしましょう。

冷え=太りやすいというイメージ通りの構図です。

4

ながら運動

下半身ダイエットをしたいけれど、特別な運動を行う時間が取れないときは、ながら運動を取り入れてみましょう。

歯を磨いているときに

  • 足を肩幅に開き片足立ちをする。左右交互にお紺なってください。
  • 片足立ちのまま足を大きく左右に振ってみましょう。普段使われていない太ももの内側を刺激します。片足立ちのまま足を後ろへそらしましょう。左右両方やることが理想です。

食器を洗っているときに

  • つま先たちを8秒、かかとを地面につけて2秒を10セット行いましょう。足首やふくらはぎの筋力を鍛えられます。

お手洗い後は

  • 必ず両手をあげ頭の上で「X」を作るように考査させてください。両足を肩幅に開き、息を吐きながらスクワットします。お尻とお腹に力を折れることがポイントです。スクワットを1セット10回として、トイレを使用する度に行う習慣をつけてください。

床にうちものを拾うときは

  • 必ず膝を曲げ取るようにする。

立っているときは

  • 常にお腹とお尻に力を入れたり、抜いたりを繰り返してみましょう。

階段昇降は

  • つま先で昇降するように心がけましょう。

テレビを見ているときに

  • 床の上であれば足を延ばし、少しだけ浮かせて10秒キープ、下すを繰りかえします。ソファなら、膝と膝が離れないように意識をします。

待ち時間は

  • 片足立ちで左右軽いスクワットをします。

など、下半身を中心にした、「ながら運動」を積みか重ねることで、大きな成果をあげることができます。

5

サプリメントの活用下半身のむくみ対策に、「メリロート」などのサプリメントがあります。こちらは、特に長距離の移動時のむくみ対策に効果的です。移動していると、パンパンにはって痛みを感じることがあります。むくんでいる証拠ですが、メリロートで緩和することができます。

飛行機に搭乗した際は、足がパンパンに張ってしまう!などの悩みがあると思います。下半身が特にコンプレックスの場合、このむくみは大敵です。折角の楽しい旅行がむくみのせいで辛いものにしてしまうという事があるかもしれません。

下半身ダイエットで、特にむくみの解消はこういった時の「憂鬱」を解消してくれるはずです。

6

杜仲茶を飲む

杜仲茶には、利尿作用があります。ダイエット効果があるとされていますが、特に下半身のむくみ太りには最適な飲み物です。

下半身特に「ふくらはぎ」は、第二の心臓と呼ばれていて下半身の血流を手助けする大切な部分です。けれど、むくんでるとこの手助けを得にくくなり、むくみ→セルライトと悪循環になり、ドッシリとした下半身が出来上がってしまうのです。出来上がった下半身のおの肉を落とすことは、大変な努力が必要です。

下半身ダイエットのポイントは、むくみ解消となります。

7

下半身ダイエットを勤しむ女性は、多くいると思われます。タイトなスカートやパンツなどが増え下半身が気になるファッションが定番化しているからです。会社や学校に制服がある場合、特にここ最近のデザインはタイトにできていますので、気になってしまいます。

会社の制服の流行りは、現代の体形に合わせたスレンダーなものが多いのが現状です。冷えや疲れによりむくんだ状態が続き、いつの間にか下半身にセルライトがたまってしまっています。

いざ、運動を始めたとしてもセルライトが邪魔をして思うような結果が得られない場合があります。普段の「ながら運動」と少しの気遣い下半身のお肉を落とす近道といえます。

着圧ソックスの使用もおすすめですが、毎日時間を空けずに使用し続けることで筋力低下や足のポンプ機能の低下でより下半身を太くしてしまう可能性がありますので、決められた時間着用するようにしてください。

8

おウチで出来る!下半身痩せする効果的ダイエットと関連した記事をチェックしたい場合は、美容・ケアのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

おウチで出来る!下半身痩せする効果的ダイエットに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

おウチで出来る!下半身痩せする効果的ダイエット
おウチで出来る!下半身痩せする効果的ダイエット