シェア
シェア:

ニット帽のかぶり方

工程
 
ニット帽のかぶり方

寒~い冬がやってくると欲しくなってくるのが防寒アイテムですよね。マフラーやコートなどは定番アイテムですが、頭はどうでしょう。そう、頭の寒さ対策としてはニット帽ですよね。ニット帽は温かいですし、可愛いです。人によっては似合うもの似合わないものがありますが、「つばつきニット帽」はどんな人にでも合うニット帽として有名です。せっかく買ったニット帽ですから、可愛く、時にはかっこよく着こなしたいですよね。そこで今回は、そんなニット帽のかぶり方について見ていきたいと思います。

出典:item.shopping.c.yimg.jp

こちらもオススメ: 自分に似合うメガネの選び方
従う手順:
1

まずは、鏡を見ながら、後頭部からかぶります。前部分はおいておき、後頭部をまずしっかりかぶることが重要です。この段階で眉毛や目のラインが隠れてしまっているパターンはNGなかぶり方です。

出典:xn--xgst18m.xyz

2

次に、後頭部がしっかりかぶれたら、今度は後頭部を抑えながら前の部分をゆっくり下げていきます。帽子のつばが眉毛の上にかかるかかからないかのラインでストップです。眉毛ラインまでつばが降りてきてしまうと印象が悪くなってしまいますので、控え目に下げていきましょう。この時、頭の部分が余っていても問題ありません。むしろあえて少し残すくらいが丁度良いです。前面部のかぶりが浅く、正面からおでこが見えてしまうくらいでも、つばがついているため顔を主張し過ぎることはありません。むしろバランスを取ってくれているくらいですので安心してください。

出典:udemakuri.com

3

あとは、余った部分は押さえつけたり、後頭部を引っ張ったりしてニット帽全体の形を整えていきます。引っ張って隠せば、耳まで隠せる場合も多いですので、特に寒い時などにはおすすめです。

出典:ecx.images-amazon.com

4

以上、ニット帽のかぶり方について見てきました。いかがだったでしょうか。ニット帽はとても可愛く非常にチャーミングな防寒アイテムです。可愛く、かつかっこよく着こなすには、「目元を隠さない」ことが非常に大切です。ニット帽にはいろいろなタイプのものがありますが、痩せている、太っている、眼鏡をかけている、丸顔などなど、人によっては合う合わないがあります。その中でもつばつきのニット帽はクセがなくいろいろなタイプの方に似合う帽子になっています。寒いあまりに深々とかぶってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、決して前面も深くかぶってしまわないように注意しましょう。みなさんも是非一度参考にされてみてください。

ニット帽のかぶり方と関連した記事をチェックしたい場合は、ファッションのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

ニット帽のかぶり方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ニット帽のかぶり方
41
ニット帽のかぶり方