シェア
シェア:

自宅で誰でもできる! ニキビ跡を消す方法

自宅で誰でもできる! ニキビ跡を消す方法

ニキビで悩むひと、多いですよね。ニキビは様々な原因でできると言われ、おでこ、あご、頬、背中など身体のあちこちに現れます。痛みを伴わないにしても、なにより、見た目がとっても気になりますよね。皮膚が膿でプクっと膨れ上がっている時もそうですが、治った後にニキビ跡が目立って残ってしまうと、これまた悲しくなってしまうものです。茶色っぽいシミとして残ったり、皮膚に少しクボミができてしまったりしますよね。ニキビ跡のシミは化粧品や自宅療法で消すことができますが、皮膚のクボミを治すのは難しいものです。さて、ここでは皆さんに、ニキビ跡のシミを消す方法を紹介します。

こちらもオススメ: ニキビを消す方法

皮膚の新陳代謝

まず、皮膚は約25日~30日ごとに自然に生まれ変わっていることをご存じですか? つまり新陳代謝しているんですね。その周期日数が長くなればなるほど代謝されにくくなってしまいます。そこで、2週間ごとに皮膚を代謝させてあげることで、ニキビ跡を消す効果を促してみましょう。まずは、普段使っている保湿クリームに、スプーン1杯の砂糖を混ぜます。それを手に取り、指のはらで円を描くようにしながらニキビ跡に塗布してください。そのあとで、冷たい水で洗い流してください。

レモン汁

レモン汁には、くすんだ皮膚を明るくする効果があります。しかも数日間のうちに、です。ただし、太陽光のもとでは逆にシミが出来てしまいますから、この治療法は必ず夜に行ってください。まずレモン半分を絞り、その汁をコットンに浸したら、それをニキビ跡にやさしく押しあてるようにして塗ってください。

アロエベラ

アロエベラには様々な傷跡を治癒する効果がありますから、ニキビ跡の治療にも大活躍してくれます。アロエベラの果肉をニキビ跡にあてて、20分間そのままにしたら、冷たい水で洗い流してください。これを1日に2回だけ行えばいいんです。

オリーブオイル

このナチュラルオイルも、ニキビ跡の治癒に効果的です。まず、コットンにオリーブオイルを含ませます。それをニキビ跡に塗るのですが、その際、シミを消す効果をより促すために、ある程度強めの力を加え、皮膚をなぞるように塗ります。オリーブオイルに代えて、オイルベースのクリームを使っても、シミを消す効果が出ます。

トマトピューレ

トマトにはビタミンAが含まれていますから、肌の再生・肌の若返りに効果がでます。トマト半分をピューレ状に潰し、ニキビ跡のシミに直接塗布します。トマトパックとも言えますね。15分そのままにした後で、ぬるま湯で洗い流してください。

ハチミツ

ハチミツには皮膚の保湿効果がありますが、シミを取り除くうえに、肌の色を均一化させる効果まであるんです。ニキビ跡を中心に広い範囲(たとえば頬にシミがある場合には顔の全体)にハチミツを厚めに塗り、15分そのままにした後で、水でよく洗い流してください。

薬局で買えるナチュラル製品

これまでに紹介した自然療法・家庭療法のいずれでも効果が現われなかった場合には、ここに挙げる製品リストを参考にしてみてください。これらの製品は薬局で買えるものです。きっとあなたのニキビ跡の悩みを解決してくれることでしょう。

専門医による治療

ニキビによるシミがしつこく現われてくるようなら、かかりつけのお医者さんや皮膚科など、専門医の診断を受けてみてくださいね。

自宅で誰でもできる! ニキビ跡を消す方法と関連した記事をチェックしたい場合は、美容・ケアのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

自宅で誰でもできる! ニキビ跡を消す方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

自宅で誰でもできる! ニキビ跡を消す方法
71
自宅で誰でもできる! ニキビ跡を消す方法