シェア

大きめ?ブーツのサイズ正しい選び方

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
大きめ?ブーツのサイズ正しい選び方

冬になると、多くの人がブーツを履くことでしょう。ブーツは、かわいいし、あったかいし、人気がある靴のひとつであることは、確かです。しかし、サイズが合わない、間違ったブーツを買ってしまったら、またはいてしまったら、それは、ちょっと大変ですね。足が痛くて、仕事や勉強に集中できない、歩けないなどと、最悪の場合を引き起こすこともあるんです。あなたには、そんな経験がないでしょうか。じゃ、正しいブーツは、どうやって選べばいいの、と多くのかたが、疑問に思っていることでしょう。なので、こちらの記事では、正しいブーツの選び方を丁寧にご説明しましょう。実際の靴屋さんの店員のアドバイスやコメントも入っていて、おもしろく、実用的な内容だと思いますよ。興味があるひとは、この下の記事をぜひお読みください。これできっとあなたもこれからの靴選びが変わってくるでしょう。

画像:item.rakuten.co.jp

こちらもオススメ: ニット帽のかぶり方
従う手順:
1

まず、選び方の基準は、足の先に1~1.5センチ程度の余裕があることです。これは、とても大切な点なので、必ず試着したときに、確認してください。そうです。買う前です。買ってからでは遅いです。もちろん、店によっては、買ったブーツを交換したり、返品したりできることもありますが、それに期待するのはでなく、それができないものだと思って、買うときには、いつも慎重になりましょう。

2

また、買うときに、ほかにも確認してほしいことがあります。それは、くるぶしの内側がブーツに当たらないこと、です。それに、靴のもっとも広い部分と足囲(そくい)が合っていることを確認してください。それであれば、そのブーツは、あなたに合っていると言えるでしょう。むくみやすい人はそれも加味したサイズ選びをすることが、非常に大切です。ある靴屋さんの店員によると、こんなことをコメントしている人もいます。「むくむとは言いながら、自分が何時くらいに一番むくむかを知らない人が多いです」 つまり、夕方頃に一番むくむ人もいれば、朝方にむくむ人もいる、ということです。ブーツを選ぶ際は、自分のむくむ時間帯に なるべく近い時間に合わせるとよいでしょう。

3

それは仕事していたりすると、なかなか忙しいものですが、理想の自分にぴったりあったブーツ選びをするには、それが非常に大切なんですよ。 ただし、皮はなじんで伸びることも計算に入れておきましょう。ほかの靴屋さんの店員は、こんなことを話していまし た。「むくんでる時間にさらにそれより大きいサイズを買うと、皮が伸びたときに大変です。そのあたりも頭に 入れておく必要がありますね」とのことです。ですから万が一、少し大きいものを買った時は、中敷きを忘れずに使用するといいでしょう。ブーツの筒の部分の大きさがジャストフィットでも、足の部分が大きい場合があるので、サイズ調整をする必要があるんです。

これは正しいブーツ選びに非常に大切なポイントなのでしっかり頭にいれておさえておきましょう。

4

実際には女性だったらブーツ選びをするときに、サイズよりもやはり「可愛い!」という感覚が重要だったりするものですね。その感覚だけで買うのも悪くないんですが、買ったあとにでも、中敷きを入れるなど、調整のしようはあるので、店員さんに相談してみるといいでしょう。靴屋の店員さんは、その点詳しいので、いろいろとアドバイスをくれることだと思います。また、

5

ある靴屋さんの店員はこのように、話しています。「ネットで靴を買えるようにもなりましたが、足を痛めたりということもあるので、洋服を買うように簡単にはオンラインで買わない方がいいかな、と個人的には思いますね」とのことです。私も賛成です。特に靴、ブーツ選びは、他のTシャツ、カーディガンなどの服と違って、サイズや、履き心地というものが非常に大切なので、試し履きをせずに、オンラインで直感で購入してしまうのは、非常に危険だと思います。しっかり靴屋さんにいって、履いてみて、また必要であれば、靴屋さんの店員と相談しながら購入を決めることをお勧めします。

6

以上のように、自分にあった正しいブーツ選びについて、ご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。おわかりいただけましたか。

これで次から正しいブーツを購入してほしいと思います。

大きめ?ブーツのサイズ正しい選び方と関連した記事をチェックしたい場合は、ファッションのジャンルから探すことができます。

大きめ?ブーツのサイズ正しい選び方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

大きめ?ブーツのサイズ正しい選び方
大きめ?ブーツのサイズ正しい選び方

トップに戻る