シェア

体内のメラニン色素を増やす方法

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
体内のメラニン色素を増やす方法

メラニンとは、人を含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素です。メラニン色素ともいわれます。主に黒褐色の真性メラニンと、橙赤色の亜メラニンの2種類があります。こちらでは体内のメラニン色素を増やす方法を紹介します。

従う手順:
1

メラニンは、私たちの体を紫外線から守る大切な働きをしています。もしメラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすことになります。嫌なシミを増やしてしまうのも確かですが、メラニン色素は私たちの体を守る大切な防衛物質なのです。

2

太陽にあたることでメラニンの数は増えます。しかし太陽が強すぎる時間、12時から4時は避けましょう。また焼くときは日焼け止めを使いましょう。焼いてもいいのですが、正しい焼き方を知っておくといいです。そうでないと、老化が進んでしまいます。

体内のメラニン色素を増やす方法 - ステップ2
3

メラニンは食べ物でも増やすことができます。ビタミンAが入っているのはいいです。例えば人参、ズッキーニ、ほうれんそう、パパイヤ、トマト、赤ピーマン、メロンなど。これできれいに健康に日焼けできます。

体内のメラニン色素を増やす方法 - ステップ3
4

ビタミンAだけじゃなく、ビタミンEもいいですよ。これは老化防止にもなるし、健康的です。例えば油(ひまわり油、オリーブオイル、コーンオイルなど)、緑の葉っぱの野菜、乾燥フルーツ (ナッツ、アーモンド、くりなど)、卵の黄身、キューイ、マンゴー、アボガド、梅、ぶどうもいいですよ。

体内のメラニン色素を増やす方法 - ステップ4
5

それにビタミンB と Dもいいです。特に紫外線に効きます。ビタミンBは乳製品、豆類、卵、鶏肉、野菜、ビールの酵母にも入っています。青い魚にはたくさん ビタミンDが入っています。

体内のメラニン色素を増やす方法 - ステップ5
6

サプリメントを飲むのもいいです。これで体にいいビタミンもとれます。しかし飲む前に必ず医者に相談してください。体にどんな効果があるか、害は無いかなど聞くといいでしょう。

体内のメラニン色素を増やす方法 - ステップ6
7

メラニンに効くクリームやローションも売られています。これで早く日焼けできますよ。これも薬局で買えますが、その前に医者に相談しましょう。

体内のメラニン色素を増やす方法と関連した記事をチェックしたい場合は、キレイのジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • DHAが入っている日焼け止めを使うといいでしょう。これで一時的に日焼けができます。

体内のメラニン色素を増やす方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

体内のメラニン色素を増やす方法
61
体内のメラニン色素を増やす方法

トップに戻る