シェア

アロエベラのパックの作り方

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
アロエベラのパックの作り方

医薬用植物性のものと言えばアロエベラが色々な効果があるので、一番初めに思いつきますよね。 その上、自然に治す力があり、またアロエは肌に優しく、消毒剤としても効きます。それは顔を清潔にし死んだ細胞を乗り除いてもくれます。もしアロエが家にあるのでしたら、これをコスメとして使ってみませんか。こちらhohoron.comでは効果的なまた簡単な方法をご紹介します。

従う手順:
1

アロエベラは肌荒れに効きます。肌を再生し老化防止にもなります。また顔の肌に輝きを与え、ピチピチ肌になれます。またにきびにも効きます。また体のどこの部分にも使えるので本当に役に立ちます。日焼け止めや肌荒れにもいいでしょう。

アロエベラのパックの作り方 - ステップ1
2

アロマべラの顔マスクはお勧めです。葉っぱを適当なところにおいてみてください。ただし一枚の葉っぱだけ切れば、十分です。気持ちいいところに葉っぱをおいてみてください。

アロエベラのパックの作り方 - ステップ2
3

顔をさっぱりしたり、保湿がほしかったら、アロマべラマスクとレモンをお勧めします。一枚アロエの葉をとり、半分に開き、中身を全て出してください。果肉も全て出しましょう。

アロエの果肉を木製かプラスチックの容器に出し、レモンを加えます。よく混ぜたら、顔にぬります。ぬる時は上の方向に向かってぬるように、ゆっくり円を書くようにするといいです。首やのどにもぬれます。そのまま20分置いたらぬるまゆで流します。

アロエベラのパックの作り方 - ステップ3
4

皮膚を取り落としたり、肌を再生させたり、老化防止したければ、アロエベラときゅうり、牛乳とはちみつがいいです。

ブレンダーにアロエの果肉、きゅうり半分をいれ、またスプーン2杯のはちみつと牛乳少々をいれよく混ぜてください。それを顔に30分くらいぬっておくと、素晴らしい効果があります。

アロエベラのパックの作り方 - ステップ4
5

もっと早く簡単にアロエベラマスクをしたい方、 スプーン一杯の砂糖と スプーン一杯の牛乳を混ぜてみてください。それを顔にぬり、10分おくと顔がすべすべになり輝きを取り戻します。

アロエベラのパックの作り方 - ステップ5
6

アロエベラは肌にいい自然なものなだけでなく、肌に輝きを与え、美容にもいいんです。

アロエベラのパックの作り方と関連した記事をチェックしたい場合は、キレイのジャンルから探すことができます。

アロエベラのパックの作り方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

アロエベラのパックの作り方
61
アロエベラのパックの作り方

トップに戻る